カテゴリー

  • Brass ブラス
  • PitPercussion ピットパーカッション
  • BatteryPercussion バッテリーパーカッション
  • Small Percussion スモールパーカッション
  • Cymbals & Gongs シンバル&ゴング
  • Sticks Mallets スティック・マレット
  • Drum Heads ドラムヘッド
  • Stand & Racks スタンド&ラック
  • Cases & Covers ケース&カバー
  • Practicepads プラクティスパッド
  • Shoes & Gloves & Headwear シューズ・グローブ・ヘッドウェア
  • Marching Band supply マーチングバンド用品
  • Uniforms Show Flags ユニフォーム・フラッグ
  • Accessories アクセサリー
  • Electronics スピーカー・メトロノーム・チューナー
  • Maitenance メンテナンス
  • DVD・ブルーレイ・ビデオ・CD・コンピューターソフト
  • SheetMusic & Books 楽譜・教則本・雑誌・チケット
  • Band Goods バンドグッズ
  • Makeup Body Jewels 化粧品・装飾品
  • Used ユーズド
  • Sale セール
     お客様へのお知らせ

会員登録/修正
Musicmart Youtube

 

MusicmartRegularLesson

 

Musicmart Program

 

2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

背景が赤色は定休日です。

 

トップ > DVD & PC Soft > ドリルデザインソフト 3D Java シリーズ Version9

ドリルデザインソフト 3D Java シリーズ Version9

※ご購入後、ユーザー登録が必要となります。数日かかる場合がございます。あらかじめご了承ください。Professional版は受注発注商品となりますので、ご注文後約3〜4週間でのお届けとなります。

Pyware 3D Version 9は、ドリル作成ソフトです。用途に合わせて3タイプから選べます。

■Pyware 3D Basic
3D Basicは3種類の3Dの中で最も安価なベーシックタイプです。
ベーシックと言っても、コンテ作成で必要となる機能は揃っておりますので、ドリル作成から印刷まで皆様が思い描く理想のコンテを作成できます。

■Pyware 3D Interactive
3D Basicに加えて、ネット上でのドリル共有機能が追加されたのがこのInteractive Editionです。
ネット上での共有機能ですが、その名の通り作成したコンテをユーザーが登録したサーバーに保存し共有する機能です。これにより印刷して配布するという手間がかからず、ネット上にアップすることで、すべてのユーザーがそのドリルを閲覧することが可能となりました。

■Pyware 3D Professional
3Dの最上位モデル3D Professional Edition。Professional EditionはBasic,Interactive機能に加えてPywareが提供するオプションツールが含まれています。そのオプションツールとは、 フロアのデザインを自由に変更することが可能なFloor Cover Tool、パレードコンテストでよく使用される繰り返し同じ動きをする時に非常に便利なTraditional Tool、らせんを簡単に作ることが出来るSpiral Toolがインストールされています。また通常は2台のパソコンにしかインストールできませんが、Professional Editionでは3台まで可能です。

■Pyware 3D Version 9 新機能の紹介
・プロキシミティマッチ
従来までは、ムーブを作成してパフォーマーをマッチングさせる際手動で行うことが多かったと思います。バージョン9ではマッチングする際、コンピューターがパフォーマーの最短ルートを計算し、それを自動マッチングさせます。多少の修正は必要ですが、かなりの時間短縮が望めます。

・NEWインターフェイス
今までの3D画面スタイルを一新。「見やすく、扱いやすく」を考えました。

・パフォーマープロップ
今までプロップを作成する際、プロップツールから選択していました。またプロップを動かす際はパフォーマーが動かすしか方法はありませんでした。バージョン9ではパフォーマープロップと呼ばれるツールが追加され、これは端的に言えば、パフォーマーをプロップに変更できる機能です。これによりプロップ本体を自由に動かせるようになり、様々な複雑な動きも可能になりました。

・スタガーツール
スタガーツールは拍ずれでムーブを作成できるツールです。例えばラインをアークにするムーブで、2カウントずらしてのムーブが作成可能。今まではトラディショナルツール内のシーケンシャルステップツールでしかできなかった動きですが、スタガーツールはBasicに標準装備されています。

・フェイストゥー/アウェイ
リアルビューで表示するときに、パフォーマーの進行方向、体の向きを調整します。その時今までは手動で向きを調整していましたが、下の画像のような複雑な形は非常に手間がかかりました。バージョン9では「全員がポイントを向く」や「特定のパフォーマーを見る」などといったオプションが追加されており、これで一括で体の向きを設定できます。

・アローツール強化
テキストボックスやプロダクションシートとともに重宝されるアローツール(矢印ツール)。従来までは直線矢印やカーブ矢印の2種類のみでしたが、バージョン9では様々な矢印の種類を設定しました。ドローイングツールなどでも矢印を描くことができますので、複雑な形も可能に。ドリルシートにテキストボックスとともに矢印を入れることで、よりわかりやすいシートになります。

・音楽同期
音楽の同期は通常、音源のカウントに合わせてキーボードをタップし、同期させます。バージョン9では、音の始まりに一度タップし、音の終わり部分でもう一度タップすれば音楽の同期が完了します。これは一定のテンポでしか使用できませんが、テンポが変わらない楽曲であれば、音楽の同期が非常に楽になりました。

・ライズ・オーバー・ラン
ライズ・オーバー・ランとは縦と横のラインを簡単に設定できるツールです。例えば縦が2歩間隔、横が1歩間隔での形を作りたいときに、ライズ・オーバー・ランツールで、縦2、横1と入力するだけでその形を描けます。

■動作環境
対応OS:Windows 7以上、Mac OS X 10.10以上
CPU:2.2 Ghz デュアルコアプロセッサ以上
必要メモリ:2G(4G推奨)
グラフィックカード:ATI Radeon HD 5770、NVIDIA GeForce GTX 550 Ti、Intel Iris 6100以上
HDD空き容量:600MB以上

【ご購入後のサポート】
ブレーメン TEL 0798-69-2320 (月〜金10:00〜19:00)
 
タイプ 金額(税抜)
Basic 44,100円
Interactive 108,000円
Professional 135,000円
製造元 : Pyware
価格 : 円(税込 円)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
タイプ

選択
Basic
Interactive
Professional

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ